FRS 概要
FRS概要のPDF
FRS 特徴
FRSLOGO

FinancialReconcileSystemは銀行様のリコンサイル業務支援に特化した日本語のパッケージソフトウェアです。 海外他店預け座におけるバランスチェックや取引明細の照合・照査などの 煩雑な作業を、簡単な画面操作で効率よく行うことができます。 外為勘定システムとSWUFTのインターフェイスに柔軟に対応しお客様のご要望にあわせたパッケージとしてご提供させていただいております。 自動照査・候補照査・仮照査・口座残高整合性・問合チケット発行・月次リコンサイルシート等。



★日本情報通信株式会社様(主たる購入先)からご購入いただけます。★FRSの内容のお問い合わせはエスエーエス株式会社で対応しています。★NET対応バージョンは既に対応しています。
テキスト ボックス:  	外貨決済勘定のリコンサイル業務支援
Financial Reconcile System(ver3.0)
テキスト ボックス: 金融業界では、外国為替取引(「海外への送金」「信用状の決済」「資金売買」「資金貨運用調達」)における決済サイクルの短縮とリスクの減少を図ることが急務となっています。
FRSは、外貨決済勘定と海外保管銀行からのステートメントを照合し、実行漏れや金額相違のリスクを軽減します。
テキスト ボックス: 【複数部門での同時運用が可能】
ネットワーク対応のデータベースエンジンにより、複数の部門から同時にリコンサイルを運用することができます。(標準は5クライアント迄)

【セキュリティはユーザー権限と操作ログで】
FRSのデータは、ログイン時のユーザー権限により保護されます。
また、成り済ましの防止として、ユーザー名・パスワードを自己管理とするばかりでなくデータの暗号化を行っています。
画面での操作は、全てFRS独自の操作ログによって記録されています。
後日、権限で許可されたユーザーによって画面で操作ログを照会することができます。

【FRSは環境を選びません】
標準的な日本語Windows 環境であれば、どのメーカーの機種でも導入が可能です。
また、他の業務アプリケーションとの共存があっても通常は問題ありません。




















 
フローチャート : 処理: 【販売価格】					  	   総額 7,000,000円から
基本ソフト				 	      (6,000,000円)
データベース					        (200,000円〜)
構築(環境設定・初期データ移行・操作講習等)       (800,000円〜)
	(構築設定等実施し、ご使用いただける状態で提供します。)
【サポート費用】
年間サポート費用(リモート保守)      	    720,000円/年